切らない手根管症候群の手術

このページの内容一覧

じわじわと進行する手根管症候群

 手根管症候群は、手首の付け根にある手の甲の部分を支える靭帯が太くなり、神経を圧迫することで発症します。最初はわずかな指のしびれから始まるため、あまり気づかない方も多く、痛みがなければ、それほど困ることもなく、放置されがちな病気です。しかし、神経は屋根である手首の靭帯に押しつぶされ、指を動かす腱に床から揺さぶられ、徐々にやられていきます。

 痛みが出現して病院を受診した頃には、かなり神経の障害が進んでしまっていることも多くありません。

 当クリニックでは、診断がついた状態で、神経の具合を調べる神経伝導速度検査を行い、正確にどの程度神経がやられているかを評価いたします。それによって、早めの手術が必要か、待期することが可能か判断いたします。

手根管症候群の病態

痛みが取れたら良くなったと勘違いしていませんか?

 しびれ痛みが出現して放置していると、時々痛みが取れることがあります。これで症状が改善したと勘違いし、さらに放置される方がおられますが、ほとんどの場合、痛みが取れた時は、神経の障害が更なるステージに進行したことを意味します。すなわち、痛みを感じないほど神経がやられてしまったという状態です。この場合、早めに治療をしないと、筋力低下から、物が持ちにくくなったりすることがあります。手の痺れが楽になっても放置せず、一度検査を受けてみられることをお勧めいたします。

手根管症候群の症状の進行

主な手根管症候群の治療方法

 手根管症候群の治療は軽症、中等症、重症にわけて行われます。

1)軽症の場合

装具療法、体外衝撃波療法(ショックウェーブ)、温熱療法、鍼治療、注射療法、湿布・薬などによる薬物療法があります。なるべく勘弁で痛みを伴わない治療が優先されますが、痛みが取れない場合は注射を行うことも多いです。注射はステロイドを使いますが、神経や周辺の組織の腫れを取るのが目的になります。圧迫がそれで改善されれば効果が見込めますが、改善しなければ、症状はつづくため、治療法を変える必要があります。

体外衝撃波(ショックウェーブ)

2)中等症以上の場合

保存療法がうまくいかなければ、手術が行われます。エコーで神経の圧迫や腫れがみとめられ、神経伝導速度検査で中等度以上の障害が認められれば適応になります。手術療法は通常手のひらを切開することで靭帯に到達し、靭帯を切ってトンネルを開放することで神経の圧迫を解除し、治療します。手外科専門医であれば、内視鏡で行う手術も主流となってきており、4mm程度の小さい傷で行えます。刺入部位は1箇所の方法と2箇所の方法があります。

3)重症の場合

上記の手根管開放術に加え、親指の筋力低下を修復するための腱移行術を行って、指の動きを再建します。

なぜ、切らずに手術が行えるのか?

 「切らない」手根管症候群の手術は、エコーを用いて、注射針だけで目的の組織を切開して病態を改善する小侵襲手術です。エコーを用いることでいままでできなかった体内の組織を切らずに標的にできるようになりました。

 エコーガイド下の小侵襲手術は、まだ国内外の一部の医療機関でしか行われていません。技術的に難しい面もありますが、エコーをガイドにして行う整形外科手術はまだほとんど導入されていないのが実情です。当クリニックでは、海外での臨床経験を積んだ医師による、最先端治療が提供できる地域のクリニックとして患者さんの役に立っていきたいと考えています。

「切らない」手術と、従来の手術治療(小切開法と内視鏡手術)の違い

 手根管症候群の治療は保存療法としての注射やショックウェーブ、薬物治療やリハビリなどと、手術療法に大別されます。

 保存療法の注射などは、効果は一次的で再発が多く、進行例では効果に乏しいなどの欠点がありました。

 また、手術では、切開を加えるか、内視鏡の手術しかありませんでした。

 切開を加えると、傷口の痛みが続く「Pillar Pain」と言われるものが一定の確率で発生します。これは一旦発生すると難治性で、手術後の生活を著しく阻害する合併症です。また、内視鏡では神経損傷の可能性がありました。これは、内視鏡でみると神経と靭帯がよく似て見えることがあるためだと言われています。

一般的な手根管症候群の治療

 従来は切開を加える小切開手術内視鏡の手術しかありませんでした。当クリニックでは、切開を加えずに、高精細エコーを見ながら、経皮的に刺入した針か、もしくは細い特殊ナイフをつかって、靭帯を①緩めて神経の圧迫をとる方法、②確実に切開してトンネルを開く方法、の2つの方法を行っています。エコーを使った手根管症候群の手術は海外で行われていますが、日本ではあまり行われていません。
 ①の靭帯を緩める方法は当クリニックの独自に開発した方法で、他の手術で使用していた手法を手根管症候群に応用したものです。比較的若い患者さんで、本来備わっている手首の靭帯を完全に切ってしまう従来の手法に抵抗がある方や、これからまだまだ手を使っていきたい方のために、靭帯を残した上で、神経の圧迫をとる画期的な方法です。すこし手術時間はかかりますが、靭帯を温存できる点で、早期の手根管症候群妊婦さん若い患者さんでも手術を受けていただけます。しかも、この方法は針を使うため、注射と同等で傷は目立ちません。適応については、受診していただいた際に説明させていただきますので、手のしびれや夜間痛がある方は受診をお勧めします。
 ②の靭帯を切開する方法は、靭帯を内視鏡よりも細い道具エコーガイド下に切開いたします。針よりはすこし大きいですが、内視鏡よりは小さいため、ほぼ傷は残りません。ある程度進行した手根管症候群、比較的中高年者の方が良い適応と考えています。

 当クリニックで行っている「切らない」手術は、切開を加える術式と違い、まず痛みが少ないことが挙げられます。もちろん、日帰りでおこなえ、傷が残らないうえ、その日からお風呂に入れます。切開が小さいため、感染の危険性も少なく出血も少ないという特徴があります。切開については内視鏡よりも小さくほぼ目立ちません。また、内視鏡で行う手術は治療費が高いのが問題です。

傷の大きさと痛みは注射とほぼ同じ

 針もしくは細い特殊ナイフによる操作のみで行うため、痛みはほぼ注射と同じです。もちろん傷の大きさも注射と同で痕は残りません。

日帰りで、その日から水に濡らしても大丈夫

 手根管症候群は、中高年の女性に多い病気です。毎日家庭を切り盛りし、料理など水を使うことが多いため、当日から水が使えて、仕事を休まずに日常生活にすぐに戻れる「切らない」手術は良い適応だと思われます。

注射と手術のすき間を埋める、「切らない」手術(いままでの手術療法の欠点を補う新しい術式)

 局所麻酔で行う傷が残らない「切らない」手術は、侵襲も痛みも少ないため、注射の延長線上の治療と考えています。そのため、切開をいれる手術は、病気が進行している患者さんから敬遠され、適切な時期に手術が行われず、病状が悪化してしまう患者さんも少なくありませんでした。
 この「切らない」手術は、注射に類する治療ですので、適切な時期にお勧めできます。また、さらに進んだ概念で悪化する前に予防的効果を期待して治療できるようになってきました。
 注射と手術の間を埋める、新しい治療法の概念を生み出したと考えられます。知らない間に進行してしまい、回復しない病気だからこそ、早期に根治療法を選択できればとても有益です。

 また、合併症などで抗凝固療法をされているかたも出血が少ない手術ですので、対応可能です。どうしても手術時期が遅れ気味でしたが、「切らない」手術は、注射と従来手術の間のギャップを埋める新術式です。

「切らない」手根管症候群手術の特徴

「切らない」手術の実際のやり方

切らない手根管症候群の手術のやり方

「切らない」手根管症候群の手術は、すべて日帰り、局所麻酔で行います。

 当クリニックでは、二つの方法を用いています。

 一つは、「あみ飾り法」といって、折り紙のあみ飾りのように神経を圧迫している靭帯に多数の穴を開けて靭帯を緩める方法です。靭帯を完全に取り除かないので、手の構造を保つことができ、比較的若年の方、力仕事をする方、初期~中期の比較的軽症の方が適応になります。この方法は全国でもあまり行われていない方法ですが、海外(欧米)では行われている方法です。当クリニックではいち早くこの方法を取り入れており、治療が遅れがちであった患者さんや若年の患者さんの治療法として提供しています。

切らない手根管症候群の手術のやり方 〜あみ飾り法〜

 もうひとつは、「フックナイフ法」といい、内視鏡手術に準ずる方法です。エコーを見ながら、靭帯のしたに小さいフックのついたナイフを挿入し、靭帯を切離する方法です。内視鏡を使う場合、直径4mmの筒を挿入しないといけないため、傷が大きくなるのと、内視鏡をつかうために治療費が高くなります。当クリニックの方法は傷が内視鏡より小さい特徴があります。確実に靭帯を切離するため、比較的重症の方や中高齢者の方、女性の方が良い適応です。

切らない手根管症候群の手術 〜フックナイフ法〜

こんな方にお勧めします

 中高年の女性に多い病気ですので、このような方に有益な治療法です。

  1.  ①水仕事が多い主婦の方
  2.  ②手のひらの傷跡を残したくない方
  3.  ③痛みに弱い方
  4.  ④既往歴で抗凝固薬などを服用されている方
  5.  ⑤病気が悪くなる前に予防したい方
  6.  ⑥手を使うスポーツをされている方
  7.  ⑦仕事が休めない方
  8.  ⑧主治医に手術を勧められているが切開したくなくて踏み切れない方
  9.  ⑨全身麻酔や入院はできない方

「切らない」手根管症候群の手術の特徴

  • ☆ 日帰り

  • ☆ 痛みが少ない

  • ☆ 傷が残らない

  • ☆ 出血が少ない

  • ☆ 感染の危険が少ない

  • ☆ その日からお風呂に入れる

  • ☆ 当日から水仕事ができる

  • ☆ 悪くなる前に治療できる

  • ☆ 超音波ガイドでモニタリングするため安全

  • ☆ 内視鏡で行う手術より費用が安い

  • ☆ あみ飾り法の場合、靭帯を温存できる 

使うのは超高精細エコーで、安全を確保

 使用する注射針やフックナイフの位置や方向を確認するために、画像解像度に定評のあるCanon製高精細エコーを使用しています。整形外科診療で用いる標準プローブの18Mhz高周波プローブに加え、体表部分の高解像度描出に特化した24MHz超高周波プローブが使用できます。0.1mmの分解能をもつため、通常のエコーより画像が繊細に見えるため、より安全に、より確実に手術を行うことができます。24Mhzの超高精細プローブは大学病院レベルでしか導入されておらず、香川県下で同プローブを使用している数少ない医療機関の一つとなっております。

超高精細プローブを備えたエコー

手外科学会認定専門医が行う安心・最新の治療

 切開せずに針だけで手術操作を行うため、確実な知識と技術が必要です。当クリニックでは、整形外科専門医の中でも、手の手術に精通した手外科学会認定専門医が行います。国内・海外で臨床経験を積んできた専門医が、極限まで合併症を減らした安心・最新・現時点で最善とされる治療法を提供いたします。

デメリットはありますか?

 専門的知識の必要な手術ですが、高精細エコーを使うため、神経の損傷は起こりにくいです。傷が小さいため、出血・感染・傷の痛み・手関節の運動制限などの他の合併症については、他の手術よりは低いと考えられます。

手術をお考えの患者さんへ

「手術」という言葉の魔力のため、適切な時期に適切な治療ができず、病気が進行してしまう方を多く経験しています。できるだけ痛みや恐怖心を少なくできれば、という思いからこの治療を行っています。不安なことがあれば納得するまで医師にお問い合わせください。納得して治療に踏み切れるように可能な限り丁寧に説明させていたきます。

文責 整形外科専門医・手外科専門医 戸谷祐樹

アクセス

その他の上肢の切らない手術についてはこちら

PAGE TOP