その日から水が使えてお風呂に入れる「切らない」の低侵襲な日帰り手術

 当院では、低侵襲手術センターを設けております。他ではほとんど行われていない「切らない」手術に加え、通常使われる4mmの太さではなく、注射針程度の太さ1.9mmの内視鏡とエコーを組み合わせたハイブリッド低侵襲手術なども独自の手法を開発して行っております。
 特に、ばね指・ドケルバン病・手根管症候群・肘部管症候群・ガングリオン・テニス肘・アキレス腱炎・足底腱膜炎などに対する、エコーガイド下の切らない手術は痛みも少なく、従来切開が必要であった手術を行わなくても、同様もしくはそれ以上の成績をもたらす術式です。
 切開を入れる従来の術式ではなく、エコーや内視鏡を用いた低侵襲手術を考案し、患者さんに提供しています。エコーや内視鏡をガイドにして画面を確認しながら手術を行うことで、低侵襲手術でも、確実性と安全性を担保できるように日々良い術式を開発、考案しています。
 今後も低侵襲手術を通じて、患者さんのメリットを日々追求していきます。くわしくはホームページの「クリニックの特徴」のページをご覧ください。

PAGE TOP